Smart shots

Soloに搭載された自動飛行モード「スマートショット」機能についてご紹介します。


Cable cam

飛行させる2点をあらかじめ指定することで、2つの地点の間に仮想ケーブルを渡し、そこを通過するように飛行させます。映画のワンシーンのような空撮映像を、簡単に撮影することができます。

Follow

この機能は、コントローラーを持った人から一定の距離を保ち自動追尾します。(ドローンに向かえば離れ、逃げれば近づいてきます)また、コントローラーを持った人を中心点として円を描いていると想定してください。スティックの操作で距離を変えたりすることもできます。

Orbit

指定した被写体の周りに円を描き、その円に沿ってSoloを自動フライトさせることが可能です。Soloは操作不要で円周を安定飛行できるので、パイロットはカメラワークに集中できます。

Pano

パノラマ写真を作るために必要となる画像を自動で簡単に撮影できます。撮影した写真のスティッチングと編集は撮影後に行います。

Selfie

カメラアングルをキープしたまま、被写体に近づいたり遠ざかったりします。よって、空撮での「自分撮り」が可能です。

Zipline

あらゆる方向に、無制限に仮想ケーブルの設定ができ、決められたラインに沿ってSoloが上下移動したり、カメラ操作に合わせてスピードや向きを変え、ドラマチックな映像を撮影できます。


「スマートショット」のアドバンス機能をご紹介します。


Free Look

今までのスマートショットでは、撮影ポイントを固定して自動的にフライトができました。フリールックは自動フライトの最中でもカメラの微調整できる新機能です。フリールックは正に「一人二役」。1台のコントローラーでプロフェッショナルレベルの撮影を実現できます。撮影に集中するサポートは必要ありません。他社のドローンは一人一役、本体を制御するパイロットとカメラを操作する担当が必要ですが、Soloにはフリールックがあるため、一人で作業ができます。本体かカメラの集中したい方を選択すると、Soloがもう片方を担当してくれます。設定したらSoloはスムーズに全自動飛行に移ります。まさに「スマートドローン」です。

Geofences

地図上に仮想的に作られた境界線です。飛行規制の境界を設定することで、安全で確実なフライトが実現します。見えない境界線でSoloのフライトをアシストします。

Multipoint Cable Cam

これまでの2点間の直線的な往復フライトに加えて、複数点間で曲線的な移動も可能になりました。タブレットに希望の飛行ポイントを任意に設定することができますので、迫力のある映像を撮影することができます。

Boat Mode

水上に浮かぶボートからのテイクオフを考えたことはありますか?通常、揺れている環境ではジャイロが安定せず、フライト許可のメッセージが現れません。ボートモードを使う事で不安定な環境からでも離陸させることができます。

Augmented Reality

ライブビデオの中に情報を付加して提示する技術です。例えば、ホーム位置とオービットの中心点をビデオで見せ、自分の撮影を更に分かりやすくするシステムです。今後3DRでは、提示する情報を増やし、自動飛行の経路などの情報も提供されます。常に進化しているSoloと共に用途が広がります!

Rewind

Soloの飛行経路を辿って戻る機能です。基本設定は約20mですが、距離の設定を変更することができます。Soloが狭い場所で見えなくなっても、安心して通り抜けて戻ることができます。