SOLO DRONE が行えるその他、利活用の一例をご紹介します。

空撮だけじゃない!個性的なドローンの使用方法10選

カメラが内蔵されている無人航空機として今注目されているドローン。空撮以外の個性的な活用方法を10個紹介します。

 

 

 

①農業調査

広大な田んぼや畑の安全確認を一つひとつ行うのはとても大変ですよね。
そこで、このドローンが活躍します。

飛行している間に赤外線技術を使って、植物や食物が病気などに蝕まれていないかを判断することができます。

 

 

②災害救助

山や海など救助隊がすぐに被害のあった場所まで辿りつけない場合にドローンが活躍します。

ドローンの特徴でもある猛暑や放射線に強いことを利用して、現場の状況や情報を適切に得ることができます。

 

 

③自然環境のリサーチ

災害救助は特別なことが起こった場合のみですが、日頃からドローンは活躍します。

地球上の人が到達することのできなかった場所へ行き、その場所の状況を撮影することができます。

また、人を怖がる動物や、危険で獰猛な動物の撮影にもドローンは役立ちます。

 

④不動産の売買

アメリカでは不動産の売買の際にもドローンが活躍します。

新しい物件探しの際に実際に家に出向かなくても、ドローンが様々な角度から全体図や細部まで映し出してくれるので物件選びに役立てることができます。

 

 

 

 

⑤スポーツなど動いているものを正確に撮る

人間業でないような大技を叩き出すこともあるスポーツの世界において、カメラマンが追いつかないスピードや高さなどのある競技でドローンが活躍します。

速度にも高さにも対応し、また雪上など寒さにも強く壊れる心配もありません。

 

 

⑥犯罪と戦う

ドローンにセンサーをつけて特定の人を追うことができるようになれば、犯罪にも役立てることができます。

相手が凶器などを所持し、人が近づけない場合にもドローンなら適切な情報を得ることができ、また犯人を追うこともできます。

 

 

 

 

⑦国境の整備

ヨーロッパなど国境が陸続きで、また、パスポートも必要のない場所でも、国境の管理などは必要です。パトロールを警備員が常駐して行わなくても、ドローンが変わりに行ってくれます。

 

 

⑧食事を運ぶ

海外のレストランでは、ドローンが食事を運ぶサービスを実際にはじめているところもあります。

人件費の削減や、時間の短縮などを試みまた正確性も守られるのでレストランでもドローンは活躍します。

 

 

 

⑨薬を運ぶ

感染症が広がった地域でもドローンなら介入することができ、必要な物資や薬を運ぶことができます。

感染する恐れのある人ではなく、ドローンを導入することでより正確により安全に運搬を試みることができます。

 

 

10:ドローンバトル

ドローンを利用した競技も登場しています。

人々は怪我をする恐れもなく危険性も少ないので誰でもが楽しむ事ができます。

スピードや高さ、正確性などで競います。

これから活躍すること間違い無しのドローン、まだまださ今後も活躍の場を広げそうですね。